中国のお金と偽札についてです。

DSC01458.jpg

 中国についてからずっと不思議に思っていたのが、この国の1元から100元までのお札の肖像が「毛沢東」ということです。

 日本でしたら、お札の人の顔というのは全て違いますし、アメリカドルも全て違う人の肖像が印刷されていたと思います。

 だから、こちらに来てからなんで同じ肖像なのだろうと不思議に思っていました。

 もし、同じ肖像ならお札の偽造も簡単だと思うのですが、実際にその通りで、中国では偽札がなんと普通に流通しています!

 だから、中国に来た人が100元札を出してお会計をするときにわざわざ偽札でないか機械で確認したり、手でこするなどしてかなり厳重にチェックされて不快に思う人もかなりいるみたいです。(私は、最初は何をしているのかよくわかりませんでした。)

 偽札かそうでないかを確認するのは、大体100元札と50元札です。

 他のはあまり確認しません。

 それじゃ、他の1元札や10元札には偽札がないのかというと、そうでもないみたいで流通しているそうで、額が小さいし恐らく黙認なのでしょう。

 ただ、偽札か本物かを見極めるのはかなりの困難が伴います。

 先日、友達が偽札をつかまされて見せてもらったのですが、本物か偽札かの区別はまったくできませんでした。

 偽札か本物化のチェック方法はあるのですが、結構複雑で自分には体得できませんでした。(すかしたり、特定の箇所を爪でこするなどです。)

 偽札がこれだけ流通しているのですから、お札の肖像も同じ人民服の毛沢東でなくもっと色んな種類のをつくって、偽造しにくくして欲しいですね。
posted by る〜る〜。 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北京にある「吉野家」に行ってきました。(そのお味はいかに?)

DSC01443.jpg

 今日、北京にある「吉野家」に行ってきました。

 「えっ、まさか吉牛じゃないよね?」となりますが、ホントに「吉野家」の牛丼です。

 私は、北京に来てからずっといきたいなと思っていたのですが、ようやく今日行けました。

 牛丼の味は日本と変わらずおいしかったです。

 ただ、日本の「つゆだく」のようなものはないみたいです。

 あと、卵を注文することができますが、卵はなんと生卵でないのです。

 普通の目玉焼きです。

 残念ながら写真にはないのですが、次回に必ず写真を撮ってきます。

 ちなみに、写真にありますように日本と少し雰囲気が違います。

 写真にあるのは牛丼のセットですが、お味噌汁がないのとお茶がないです。

 お茶でなくセットでつくのはコーラなどのソフトドリンクでした。

 お値段は「28元」中国人の一般の人の食費が一回に「10元」もしませんから、現地の中国人の3食分の値段ですね。

 それでも、結構繁盛していて北京のいろんなところにあります。

 「吉牛」がんばれ〜
posted by る〜る〜。 | Comment(0) | 中国にもある日本のお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国式の箸の置き方について

DSC00627.jpg

 こちらに来て、最初にけっこう不思議に思ったのは、箸の置き方です。

 日本では、箸の置き方は当たり前のように横に置きます。

 しかしながら、中国では縦に置くのです。

 箸を縦に置く習慣は、韓国でもそうらしいのです。

 なんで、中国では箸を縦に置くのであろうと不思議に思い、少し調べてみました。

 すると、中国も昔は箸を横に置いていたそうです。

 大体、中国の唐の時代は横向きに箸を置いたそうです。

 でもその後、中国は遊牧民族の影響などを受けて次第に縦向きに変化してきたそうです。

 箸一つにしても色々な歴史があるみたいですね。
posted by る〜る〜。 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北京にも進出日本の「AEON(イオン)」(ジャスコ)

DSC01336.jpg

 北京にも「AEON」(ジャスコ)があると聞き早速、行ってきました。

 写真にあるのが北京にある「イオン」です。

 北京にある「イオン」は日本と同じで、街の中心部に建てるというよりも、郊外に建てています。

 お店の中も日本と変わらずきれいでいい感じです。

 中国で日本の製品が豊富で日本人にとっては、とてもありがたいです。(日本製品なのでどうしても少し割高ですね。)

 でも、ちょっと気になったのですが北京の「イオン」はホントに周りに何もありません。

 お客さんも少なくて、大丈夫かなと少し心配になりました。

 周りは空き地で北京の中心からは遠い、一見お店には不都合な感じがします。

 しかし実は「イオン」の周りはこれから発展する見たいです。

 なんと、お店の前にゴルフ場ができたり、マンションが建設される見たいなのです。

 恐らく、この「イオン」は今後の都市開発により「イオン」の周りに集まる富裕層に向けた先行投資なのでしょう。

DSC01340.jpg

 こちらは、お店の内装です。

 内装もとてもきれいです。

 中国のデパートは、人も多く陳列も、ごちゃごちゃしてますが、「イオン」は広々としてとてもきれいです。

DSC01344.jpg


 これは、エレベーターの写真です。

 日本と同じですね。

 中国だと外資系のデパートだとどうしても、「カルフール」がメジャーです。

 日系のデパートは、まだまだこれからという気がします。

 それでも、「イオン」のような買い物と映画などの娯楽も楽しめるショッピングセンターというのはないので今後、かなりはやると思います。
 
 ぜひ、「イオン」にはがんばってもらいたいです。
posted by る〜る〜。 | Comment(0) | 中国にもある日本のお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「中国の電動自転車」について

DSC00807.jpg

 上の写真にある乗り物はなんでしょうか?

 ペダルがついてるけど、どことなくスクーターみたいです。

 実は、これ中国の電動自転車です。

 中国というとバイクが多いのでは?というイメージがありますが、意外とバイクは少ないです。

 代わりに多いのが、この電動自転車です。

 なぜ、バイクが少ないのかは、私にはわかりませんが恐らく環境保護と関係があるのかと思います。

 でも、写真にある自転車の名前がすごいですね。

 その名も「小鳥」です。つまりこの自転車は「小鳥号」です。

 日本なら、こんなネーミングにはしませんが、、、、。

 なぜか、カッコイイよりもカワイイ名前です。

 ちなみにこのような自転車は、中国では普通にカルフールなどで買うことができます。
posted by る〜る〜。 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。