「医食同源」が日本語だった!

 中国人の友人と食事中に話をした際に、中国料理のはなしになり「医食同源」という話になりました。

 それで、この「医食同源」を中国語読みでいったところ通じない!

 これ中国語じゃなかったのと思い、さっそく調べるとなんと和製漢字だそうです。

 つまり、中国語じゃない。

 それじゃ、似たような言葉は中国語にないのかと思い調べたところ見つからない?

 確かに、いまの庶民の中華料理って化学調味料を普通に大量に使う料理だし、日本料理に比べて油を大量に使う大味で素材の味なんて関係ないですからね。

 お茶の国なのに、コーラやスプライトが食堂でも蔓延しています。

 いまや中国もアメリカ式のファーストフードも庶民に受けています。

 もしかしたら、あと数年もすれば日本以上に食の文化もファーストフード化してしまうかも知れませんね。
posted by る〜る〜。 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。