北京にある「吉野家」に行ってきました。(そのお味はいかに?)

DSC01443.jpg

 今日、北京にある「吉野家」に行ってきました。

 「えっ、まさか吉牛じゃないよね?」となりますが、ホントに「吉野家」の牛丼です。

 私は、北京に来てからずっといきたいなと思っていたのですが、ようやく今日行けました。

 牛丼の味は日本と変わらずおいしかったです。

 ただ、日本の「つゆだく」のようなものはないみたいです。

 あと、卵を注文することができますが、卵はなんと生卵でないのです。

 普通の目玉焼きです。

 残念ながら写真にはないのですが、次回に必ず写真を撮ってきます。

 ちなみに、写真にありますように日本と少し雰囲気が違います。

 写真にあるのは牛丼のセットですが、お味噌汁がないのとお茶がないです。

 お茶でなくセットでつくのはコーラなどのソフトドリンクでした。

 お値段は「28元」中国人の一般の人の食費が一回に「10元」もしませんから、現地の中国人の3食分の値段ですね。

 それでも、結構繁盛していて北京のいろんなところにあります。

 「吉牛」がんばれ〜
posted by る〜る〜。 | Comment(0) | 中国にもある日本のお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。